トピックス

塩害の影響はどこまで?

投稿日: カテゴリー: 環境

先月、日本に上陸した台風24号は関東各地にも大きな爪痕を残していきました。
この台風は風台風と呼ばれており、降水量は多くないものの風が極めて強く、
けが人が出たほか、建物を損傷し電車の運休や遅延なども引き起こしました。

京成電鉄では、台風で海上から飛ばされてきた塩水が架線に付着したため、
送電線の一部がショートし出火するトラブルが相次ぎ、全線で運休したことは
記憶に新しいことと思います。
影響を受けた方々においては、大変な一日だったかと思います。

野菜の出荷についても、冬期に主産地となる関東、東海地方の太平洋側で塩害などの被害が続出しており、
冬場に向けて値上がりする可能性もあるようです。

そして、被害を受けたのは我々だけでなく、身近な自然もそのようです。

先日、調査で頻繁に通っている東京近郊のとある場所を訪れましたが、通常ならまだ
緑色の残っている広葉樹林も、先日の台風により塩をかぶったようで、茶色く冬景色のようになっていました。
周囲のオギの褐色と相まって、冬枯れのようにも見えます。

塩害の様子
現地写真:通常は緑色が残るはずの樹林も茶色一色となった。

ネット上の話題によると、東京、千葉などでは海に近い低い場所で多くの被害がありましたが、
神奈川では丹沢などの高い山まで塩害にさらされたようで、今季の紅葉にも影響があるのではと心配になります。

さらに、クローズアップしてみていくと、これら植物を餌とする生物の出現にも影響が出ていそうです。
例えば、これから越冬を控えているコムラサキやゴマダラチョウなどの幼虫にとって、
この時期に餌がないということは十分な餌を摂って越冬できるサイズまで成長することができず、
大きなダメージを受けるものと考えられます。

なお、ミドリシジミ類等の卵で越冬する種類については、夏に卵が産み落とされてから来春までは卵のままなので、
来春まで餌を食べる必要がなく、影響は小さいと考えられます。

その結果、越冬できずに死滅してしまう幼虫が多いため、来年に出現する個体数が減少してしまうということが考えられます。
このような影響を受ける種類は他にも数多いものと思われます。
そして、これらを餌とする種類も餌不足となり、大袈裟ですがこのような些細なことが連鎖して生態系全体に影響が波及していくことも考えられます。


参考写真:左がオオムラサキ幼虫(トゲが4対)、右がゴマダラチョウ幼虫(トゲが3対)
     通常は写真のように、越冬までに2cm程度の大きさまで成長する。

当地では来年も各種生物のモニタリング調査が続きますので、種レベルでのモニタリングは当然のこととして、
生物相全体及び生態系を通してみていく必要があるかと思います。


現地写真:ヤナギにつくコムラサキ。来年は元気な姿が見られるのだろうか?

騒音について

投稿日: カテゴリー: 環境測定

今回は、もっとも身近な公害と言われている「騒音」を取り上げたいと思います。
身近に感じる音として、鳥や虫の鳴き声、風や雨音のような気象により生じる音、工場、建設工事、自動車、鉄道、航空機等から発生する人工的な音までと、いろいろあります。

音は人の価値観の違いや状況等によって感じ方が変わります。同じ音でも快く感じる人もいれば不快に感じる人もいますし、昼間と夜間では周囲の状況が変わるため感じ方が変わってきます。

騒音とは「好ましくない音」の総称で、無い方が良いとされる音です。生活騒音、工場騒音、建設騒音、道路交通騒音、鉄道騒音、航空機騒音、近接騒音等、その発生源に応じて分類がなされています。

騒音は、騒音レベルと呼ばれる物理量でその大きさを表します。
騒音レベル単位はdB(デシベル)で表され、その大きさの目安の一例として、下図に示すものがあります。

                  出典:「全国環境研協議会 騒音小委員会」

音の感じ方は価値観や状況によって変化するため、騒音が「感覚公害」と言われる所以です。
単に「うるさい」という理由で、対策・対処を行っていればきりがありませんが、一定の基準は必要です。

そこで、いくつかの法令に基づく規制基準が設定されておりますが、その一つとして、環境省が定める「環境基準」があります。
環境基準とは、「人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準」として定められています。

当社では、騒音の調査・分析・評価の業務を実施しており、一つの目安として環境基準との対比を行なっております。
次の機会に、当社の調査業務を通じ、調査・分析・評価方法を示したいと思います。

小型哺乳類の調査について

投稿日: カテゴリー: 哺乳類調査自然環境調査

先日、動物調査の一環として小型哺乳類調査を実施しました。
哺乳類の内、シカ、クマ等の大型哺乳類は足跡、糞等の痕跡によるフィールドサイン調査で確認します。
また、ネズミ、モグラ等の小型哺乳類は、痕跡での確認が困難なので罠(トラップ)による捕獲調査を同時に行います。

今回は、小型哺乳類確認のため使用した罠(トラップ)についてご紹介したいと思います。

調査などで使用される罠(トラップ)には様々なものがありますが、小型哺乳類の調査では補殺用のパンチュートラップ(はじき罠)や生け捕り用のシャーマントラップが主に使用されています。
今回の調査では、生息個体への悪影響(調査圧とも言います)を少なくするため、シャーマントラップを使用しました。

使用したシャーマントラップは、主にネズミ類を対象にした罠です。
この罠の中に餌を入れておき、ネズミ類を罠の内部に誘い込みます。
中に入ったネズミ類が踏板(ふみいた)を踏むとトリガーが外れ、ばねの力で入口が閉まり閉じ込められるという仕組みとなっています。

この餌として何を入れるかが、捕獲の成否に大きく関わってきますが、
今回は雑穀類(ペット用のハムスターフード)とカルパスなどを混ぜたものを使用しました。

※罠を使用した調査は都道府県などの許可が必要です。今回の調査では、自治体の捕獲許可を得て調査を行なっています。

シャーマントラップ
シャーマントラップ内部

今回の調査では40個の罠を一晩仕掛けておき、確認しました。
その中に入口が閉まっている罠を発見したので、中を覗くとアカネズミが入っていました。

アカネズミ(森林や河川敷に生息している日本固有のネズミ類)

その後、30分ほどで残りの罠を回収した所、先ほどのアカネズミ以外に5個の罠が作動していました。
その中に一個だけ重い罠があり、中を確認するとニホンイタチが入っていました。
このニホンイタチは、どうやら先に罠に入っていたネズミを食べようとして入口から無理矢理に中に入ったと推測されます。

ニホンイタチ

ニホンイタチはネコ目(食肉目)に属する動物で、川や沼などの水辺周辺や森林地帯に生息しています。
主にネズミや鳥、両生類、昆虫類などの陸上動物やカニ、ザリガニ、魚類といった水生動物を餌としています。
また、本自治体では準絶滅危惧種に指定されている日本固有の種です。

今回のトラップ調査では罠にかかったネズミを追ってイタチがシャーマントラップに入ることがあるという事もわかりとても勉強になりました。
しかし、捕獲できた種類がアカネズミとイタチの2種のみでした。
私はヒミズやジネズミは確認したことが無いので、次回は確認できるように工夫したいと思います。

アカネズミ

無電柱化

投稿日: カテゴリー: ライフライン設計
無電柱化された商店街の事例(自社撮影)

今回は、弊社が取り組んでいるインフラストラクチャーの設計や維持管理などの数ある業務の中で、
「電線共同溝」について取り上げます。

道路上の「無電柱化」の工事が各所で進められています。
「無電柱化」の工事は、電柱に架設されている電力や通信のケーブルを地中の「電線共同溝」に格納後、電柱を取り除く手法が一般的です。道路から電柱が無くなることで、「道路景観向上」、「震災時の電柱倒壊による被害拡大の防止」、「歩行者の安全、円滑な交通確保」等のメリットがあり、弊社でもいくつかの設計事例があります。

「電線共同溝」の設計段階における主な注意点は、以下のとおりです。

・既に埋設されている都市ガス、水道、下水道等のライフラインと電線共同溝の埋設位置の調整
・歩道上に設置する変圧器等の機能を持つ地上機器の位置の調整

設計段階では、既存のライフラインの埋設位置について、台帳等の資料を入念に調査するとともに、弾性波探査や試掘等を行い、既存埋設物の位置を直接把握して、工事中の手戻りを極力無くすように努めています。地上機器については、自動車走行の支障になることがあるため、地域の住民の意見を聞きながら設置位置を決めていきます。
また、地上機器については、照明柱の上部に設置する柱体方式を採用する場合もあります。

無電柱化工事前後
       【整備前】                      【整備後】
出典:東京都建設局のサイトより

写真は、東京都建設局HPより抜粋した川崎街道の日野市高幡付近での電線共同溝整備前、整備後の状況を示しています。
2020年の東京オリンピックに向け、東京都内でも無電柱化工事が進められています。
より良い街づくりに少しでも貢献できるようにさらに努力していきます。

暑気払い

投稿日: カテゴリー: イベント

去る6月29日、社内行事として、少し早い暑気払いを行ってきました。場所として選定したのは高尾山ビアマウントです。

ビアマウントからの展望  ビアマウントからの展望

当日は業務を少し早く切り上げ、京王線で高尾山口駅へ向かいました。
高尾山口駅を出て、猛暑の中、汗を拭いながら少し歩くと、高尾山麓の清滝駅に到着します。
ここからは、ケーブルカー組とハイキング組に分かれて、ビアマウントのある山頂駅を目指します。

当社には自然環境に興味を持った社員が多いため、ハイキング組は自然環境に関するいろいろな話題で盛り上がります。
私が選んだルートは病院の脇を通る勾配の比較的きついルートです。
最初は谷を歩くため、ジメジメしていましたが、尾根に出ると風が抜けていて気持ちがよいです。

尾根付近にはアカガシやモミの大木が多くとてもよい環境です。
途中、ニホンリスが枯れ枝に付くキノコ類を食べている状況に遭遇しました。
トレードマークの尻尾が大きくて目立ちます。
ムササビで有名な高尾山ですが、その他の哺乳類の種類数も多いようです。
さらに、展望台近くではブッポウソウという鳥類が飛び去って行くのを見ることが出来ました。
残念ながら写真は撮れませんでしたが、都内でブッポウソウが見られるとは思ってなかったので感動しました。

ニホンリス  ニホンリス

このルートを30分かけてゆっくり登っていくと、ビアマウントが見えてきました。

暑気払いの乾杯をして、各自蜘蛛の子を散らすように食べ物や飲み物を取りに行きます。

ビールの銘柄は5種類ほどあり、また、ソフトドリンクも豊富にあります。
さらに、食べ物も中華、和食、鍋、おでん、焼き鳥、サラダ、デザートなど、種類の多さには驚きました。

ビールその1  ビールその2
ビールの種類も様々です。お気に入りの銘柄に気付いたのは帰り際でした。

中華その1  中華その2
料理はなくなったかと思うと別の品目が出ていたりするので、こまめに見に行かないと気付かないで損をします。

おでん和食  点心
写真にはありませんが、おでんや点心のほかに鍋もありました。

2時間ほど経過・・・。

結局、昼の景色から夜の景色に切り替わる19時頃までいましたが、山頂駅周辺はすでに涼しくなっており、昼間の暑さを忘れてしまうほどでした。

ここで暑気払いはお開きになりましたが、私を含め、夜の高尾山を堪能していきたいメンバーは、腹ごなしに夕焼けの消えかかった山道に向かったのでした。

(その後、ムササビは一瞬だけ見ることができました。また、昆虫については、満月だったため、外灯に集まる虫が少なくやや拍子抜けしてしまいました。)

ホタル

投稿日: カテゴリー: 昆虫昆虫類調査自然環境調査
ヘイケボタル(2018年5月)

ホタルの鑑賞会が日本のあちらこちらで始まりました。
私たちも5月中旬より恒例行事のようにホタルの出現種数をカウントしております。

日本の各地で、ゲンジボタル、ヘイケボタル等いずれもカワニナなどを餌にする水生ホタルが親しまれております。
しかし、実際には、陸生ホタルのほうが種類も多く、この水生ホタル及び陸生ホタルをあわせて、国内で40種近く、
海外では、熱帯地方から温帯地方にかけて、おおよそ2,000種類のホタルが生息していることが確認されています。

ゲンジボタル(2018年6月)

実際、近くで見ていますとホタルの光にみとれて、時間がたつのも忘れてしまいがちです。
また、撮影を試みますが、実際の状況を撮影すると、上記のような写真になります。
動画等を使って現場の美しい光景を皆様にお伝えしたいのですが、ホタルの光だけをクリアに捉えて、おみせすることは、非常に難しい状況です。

日本ではこれまで、ホタルを復活させる活動が各地で行われ、現在では、ホタルの鑑賞会が夏の風物詩になりつつありますが、谷津田、谷戸のような里山的な生態系が保たれていなければ、ホタルの生息環境も乏しくなります。

今後も可能な限り、自然環境保全の観点から、ホタルの生息環境を整備し、
毎年、ホタルが生息できるように興味をもって見守っていくことが重要と考えます。

ホタル観察と撮影のコツ

投稿日: カテゴリー: 昆虫昆虫類調査自然環境調査

毎年、5月下旬から6月下旬くらいまでは、夜間、ホタル調査の時期になります。
業務でホタルのモニタリングをしているので、週1回くらいのペースで出現状況を確認しています。
主な対象はゲンジボタルとヘイケボタルで、シーズン前半はゲンジ、後半はヘイケとなります。

調査当日は、日暮前に現地に到着して、7時半ごろからそれぞれの成虫の数をカウントします。
ホタルの観察記録はカウントが基本ですが、夜間光りながら飛ぶ姿を写真撮影することもあります。
ホタルの撮影はカメラの各種設定を調整しなければならないので、少し難しい部分もありますが、
「それらしい写真」を撮るための撮影術について少し書いてみたいと思います。

最近のカメラは性能が良いので、暗くてもISO感度を上げれば昼間のように写せます。
ですが、逆に明るすぎてホタルの写真としては違和感のある写真になってしまいます。
個人的な好みもありますが、森の木々の間から空が多少見えて、その場所の雰囲気がわかるような暗闇の中に、ホタルの光跡が写るくらいが「それらしい写真」になると思います。
ホタルは種類によって光るパターンが違いますので、その特徴も出来れば写したい要素です。
カメラはデジタル一眼レフが使いやすいと思います。

あくまで参考ですが、撮影時の設定は次のようになります。

  • 撮影モード:マニュアル
  • ISO感度:1000~1600
  • シャッター速度:30秒
  • 焦点距離:24~28mm
  • オートフォーカス:マニュアル(4m~∞無限遠の間で固定)
  • 絞り:F2.8~F3.2

撮影時はしっかりとした三脚に固定します。
ISO感度やシャッター速度は、夜空の明るさや月が出ているかどうかにより適宜調整します。
バルブ設定にして1~2分に設定することもできますが、同じ設定で様子を見ながら3~4枚連続して撮影し、PCソフト上で合成した方が良い結果が得られます。
おすすめはSiriusCompというフリーソフトで、「比較明合成」という特殊な処理が簡単にできます。

ゲンジホタルの飛翔

その他、観察・撮影時の注意点として、ライトの光があるとホタルは逃げてしまったり、光らなくなったりしますので、極力使用を控えます。カメラの設定を現場で行う場合、液晶がかなり光るので手や布で覆うなどして光が漏れないようにします。

関東各地のホタル観察会は、これからがピークになります。
場所によっては、写真撮影を禁止しているところもあるので、事前に確認しておく方が良いでしょう。
また、三脚の使用も暗闇だと思わぬ転倒事故につながりかねないので、邪魔にならないか注意しましょう。

この時期しか見られない美しいホタルの光を観察しに出かけてみてはいかがでしょうか?

サラサヤンマの調査と保全

投稿日: カテゴリー: 昆虫類調査環境保全自然環境調査

先週、東京近郊のとある場所でサラサヤンマの調査を実施してきました。
前日までの雨模様とは打って変わって、当日は晴れて気温も上がり、絶好の調査日となりました。

さて、タイトルにあるサラサヤンマとは、昆虫類のトンボ目ヤンマ科に属する種類です。
皆様よく御存じのオニヤンマと比べると随分と小さな種類で、腹部に三角形の更紗模様が並んでいるのが特徴です。

この地域では例年、5月から7月にかけて見られますが、ベストシーズンは短く5月20日前後です。
今年は例年と比べると暖かい日が多く、季節の進行が速い印象を受けていましたので、早い時期に調査日を設定しました。
この日は10個体以上が確認されましたが、全てオスの個体であり、メスの個体は確認されませんでした。
昆虫の生態ではよくあることですが、オスはメスより先に出現し、後から羽化してくるメスを待っているかのようです。
今回はやや早い時期に調査日を設定したためかもしれませんが、オスばかりが確認され、メスの確認にはいたりませんでした。

実はこの調査、サラサヤンマ自体の確認が目的ではあるのですが、それ以外にも保全対策として、幼虫をたくさん育てて放流することとしています。そのため、採卵するための親メスが必要であり、今回確認できなかった採卵用のメスを確保するため、5月中にもう一度調査を実施する予定です。
写真はサラサヤンマのオスで腹部がくびれていますが、メスの個体は腹部が太く全体的に黄色い模様が多い印象を受けます。

その他、サラサヤンマ調査の時に確認されたインパクトのある種類を紹介します。

ヤナギの枝先につくシロスジカミキリのメス。この木の根元にはオスの個体も見られました。

オオバヤシャブシに産卵するハンノキカミキリの交尾中の個体。

マテバシイにつくアカスジキンカメムシ。当地ではよく見ることができます。